月面着陸

人にとって馴染みの深い天体である月は、何人かがその上に立った土地でもあります。それを実現したのはアメリカのアポロ計画で、合わせて12人の男性が月面上を歩きました。その目的は当時苛烈だった宇宙開発でアメリカの優位性を示すためというのが有力で、もちろん宇宙開発そのものも含まれています。

ソーラーシステムについての簡単なガイド

ソーラーシステムは天文学の世界でも有名ですが、最近は住宅のソーラーシステムが注目を集めています。毎日地球に降り注ぐ太陽エネルギーには大きなパワーがあります。人類が住む地球は、太陽から大きな恩恵を受けています。太陽エネルギーは、石油や石炭に代わる新しい自然エネルギーでもあります。

スターウォーズ

宇宙に憧れを抱き始めたのはいつだったか覚えていませんが、ただ最も影響を受けたのはスターウォーズでした。この映画は将来自分も宇宙に飛び出し星間を飛び回るんだろうなと夢想させてくれたのです。夢は残念ながら叶いませんでしたが、しかし星間ではなく日本からラスベガスまで飛んだ私は、そこでスターウォーズを目にすることになるのです。 スロット「スターウォーズ」 ラスベガスのスロットコーナーには沢山のスロットゲームがありますが、一番人気がスターウォーズで、私もそれに熱中しました。そしてネットでカジノゲームが楽しめるようになり、ネットカジノの遊び方が多様化する中、同様のカジノ体験を望みサイトを探したのですが、スターウォーズのスロットはありませんでした。私はあのゲームがネットで遊べる日が来るのを首を長くして待っているのです。

スターバースト

スターバーストとは爆発的に大量の星が短期間に生み出される現象のことで、銀河同士の衝突などが原因で発生します。銀河の中心をなす巨大なブラックホールがスターバーストから生じるという説もあります。 「スターバースト」という名前のスロットゲーム 今回は少し趣向を変えて、実際のスターバーストのことだけではなく、その名前をもったオンライカジノで遊べるスロットゲームを紹介したいと思います。このゲームは大手プロバイダーのNetEntが開発した人気スロットゲームで、ほとんどの大手オンラインカジノで楽しむことができます。宇宙空間からの景色を想起させる美しい背景のもと、テンポよく楽しめるゲーム性が特徴です。そこから本当のスターバーストのように、沢山の勝利という星が生み出されていくのです。

ブラックホール

今年史上初めてブラックホールを撮影することに成功した、というニュースが世間を騒がせました。世界中の約200人の科学者と8つの電波望遠鏡を使用することで成功したこの撮影は、文字通り世界中の力を結集して成し遂げられた偉業でした。しかしそれでもブラックホールは依然謎のままです。 光ですら逃げることができないブラックホール 2014年に公開された映画「インターステラー」では、このブラックホールが取り上げられましたが、この映画以前にも多くの映画でブラックホールは登場しています。しかしそのイメージは様々でした。理由はブラックホールは光すら吸い込んでしまうため、実際の形を見ることが不可能だからです。今回の撮影も、実はブラックホール「そのもの」ではなく、周辺の光が歪んで映し出されたものなのです。

太陽の次に近い恒星

恒星とは、自らが光輝く星のことです。もっとも有名なのはもちろんこの地球を照らす太陽です。しかしその次に地球から近い恒星が何かご存じでしょうか?その星は星座でいうと、ケンタウルス座の中に位置しています。 ケンタウルス座アルファ星 太陽に次ぐ、最も地球から近い恒星として有名なケンタウルス座のアルファ星は、厳密にいうと「恒星系」です。肉眼ではわからないですが、アルファ星は実は三重連星、三つの星から構成されています。太陽と同程度の質量のアルファ星Aとアルファ星Bは、互いの共通重心を公転しています。肉眼で見ると一つの星に見え、その明るさは全天で3番目の明るさになります。もう一つの星、プロキシマ・ケンタウリは、その二星の周りを公転しているとされ、実際にはこの星が太陽の次に近い恒星です。

太陽系の星に生物はいるか

宇宙人はいるのか、いないのか。人によって意見はわかれると思いますが、少なくても現在の所はっきりとした証拠は見つかっていません。では宇宙人、とまではいかなくてもこの広い宇宙に生物がいる星はあるのでしょうか?宇宙はあまりに広大過ぎるので、この太陽系だけに絞って考えます。 候補は4つ 実際はもっと多くの候補が存在しますが、これから挙げる4つの星がその中でも代表的な候補と言われています。まずは「火星」。よく宇宙人や移住をテーマにした映画の舞台になっていることからもわかります。次いで木星の衛星「エウロパ」。内部に水があるのがその理由です。三つ目は「エンケラドス」。これは土星の衛星で、間欠泉と思われる氷の噴出が確認されたため候補になりました。最後に同じく土星の衛星「タイタン」です。

宇宙へのメッセージ

ソビエト連邦に対抗すべく、アメリカ合衆国は国の威信を賭けて宇宙開発に取り組んできました。1950年代後半から始まったこの宇宙開発は、アポロ計画でついに月面に到着することになります。しかしアポロ計画とは別に、アメリカは数多くの無人惑星探査機を打ち上げてきました。そのうちのパイオニア10号、11号と、ボイジャー1号、2号には、地球外生命体に向けられたメッセージが収められていたのです。 太陽系外を飛ぶ4つのメッセージ これらの無人惑星探査機は、当初の任務である惑星探査を終えたあと、外宇宙へと飛んでいくように設定されていました。そしてもし地球外生命体との遭遇があったとき、人類が存在していることを伝えるためのメッセージを収めたのです。現在全ての探査機は太陽系を離れています。そのメッセージを携えて。

巨大彗星

2013年に満月よりも輝くとも言われ大きな話題になったアイソン彗星は、結局その姿を現すことなく、太陽の熱によって消滅してしまいました。しかし多くの人が期待したように、巨大な彗星が地球に接近するというニュースには胸躍るものがあります。 ハレー彗星 巨大彗星で最も有名なのは間違いなくハレー彗星でしょう。何故ならハレー彗星は、約75年周期で地球に接近するため多くの文献などに記録が残っているからです。現代では1986年に接近しましたが、日本からは残念ながらほとんど観測することはできませんでした。次の接近は2061年と言われ、日本でも観測できると言われています。そんなハレー彗星ですが、以前はその接近がパニックを引き起こすこともありました。それほど大きな出来事だったのです。

銀河系の衝突

我々の地球がある天の川銀河は、となりの銀河であるアンドロメダ銀河と衝突すると言われています。とはいってもそれは約40億年以内という膨大な時間の後に、ということですが。ところで、約3000億個の恒星があるといわれる天の川銀河と、約1兆個の恒星があると言われるアンドロメダ銀河が衝突するといったいどうなってしまうのでしょう? 新しい銀河の誕生 銀河同士の衝突はまれにあることで、実は銀河とアンドロメダ銀河は100億年前に一度衝突しているという報告もあります。次に起こる衝突では2つの銀河が1つになるという予想もあり、そのとき2つの銀河の中心にあると言われているブラックホールが一つになるという予測もあります。そしてそれがクエーサーになる可能性も示唆されているのです。