火星探査機が“カメラ目線”で自撮り

NASAの火星探査機が、カメラ目線で自撮り写真を公開したことで話題となっています。自撮りを成功させたのは、火星探査車のPerseveranceで、約2メートルのロボットアームをつけてカメラで写真を撮影しているのです。ロシェットというニックネームがついたこの火星探査車は、サンプルの岩を上にした写真を撮影。パーサヴァランスを掘削した穴を見ているような写真と、カメラ方向をっ向いているものを公式サイトに載せているのです。

初の民間人宇宙旅行に成功

2021年12月、日本の民間人としては初めて、前澤友作さんが国際宇宙ステーションに滞在しました。2021年は民間人が次々と宇宙旅行を実現することが続き、宇宙ビジネスが非常に盛り上がりを見せていると言っても過言ではありません。しかし現在それが許されているのは、大富豪だけとも言えます。SF小説のひとつに2001年宇宙の旅と呼ばれるものがありましたが、それがまさに2021年に実現したとも言えます。宇宙旅行と聞くと、これまでは頭がよく長時間特別な訓練を受けることができたプロの宇宙飛行士が行くというイメージが強かったでしょう。しかし2021年にはアマゾンの創業者やバージンの創業者、そして前澤友作さんなどの大富豪が、次々に宇宙に到達したのです。彼のミッションは宇宙滞在ツアーであったと言えます。かかった費用は撮影アシスタントと二人分で約100億円だったということです。これまでは高度100kmに15分、滞在して22億円を払うことなどを考えた場合には、高度400kmに12日間滞在することが可能であり、さらに事前の100日間の訓練まで含めたパッケージツアーと思えば、楽しいミッションとも言えます。大富豪がこれから次々に宇宙に行くようになれば、今後このような手段も多様化してくることが予想されます。開発するベンチャーの増えることから、だんだんと費用が下がることも期待できるでしょう。

スウェーデン:キルナ – 宇宙ステーション

スウェーデンのキルナ宇宙ステーションは、2021年の10月に再利用可能なロケットの使用と、2022年に計画をしている小型衛星の打ち上げ及び軌道投入を行うために6 52年間の設備拡充やその他の対応のために1,200万ユーロの出資を行っています。

エディンバラが欧州の宇宙データの首都であるワケとは

ヨーロッパの中でイギリスは島国として知られています。その島国の中でも、エディンバラと呼ばれるところは様々なことで有名です。確かにイギリスの首都はロンドンですが、ロンドンとは違い学術的に有名と言えるでしょう。その理由の1つは、欧州の宇宙データの首都と呼ばれているほどデータの観測が盛んな所だからです。この地域には、天文台があり宇宙ステーションの1つと言われているほどです。それ故、データの首都と言われていることがわかります。もともとその場所にはエジンバラ大学と呼ばれるところがあり、このエジンバラ大学は昔から天体観測で有名な場所でした。1822年に既に天文台があり、そこで様々な人が観測していたわけです。とは言え、現代とは異なり学生が観測していたと言うよりも、イギリス国王などのようにある程度身分の高い人が観測していたのが特徴といえます。

惑星が太陽に近いとはどういう意味ですか?

太陽系では様々な惑星が太陽の周りを一定の周期で周回しているのが特徴であり、それぞれが太陽を中心に一定の軌道を描いて周回しているのが特徴です。このように惑星が太陽の周りに並んだ背景には、太陽がそれぞれの惑星の誕生と大きな関係を持っているためです。太陽に近い惑星ほど物質の密度が高くなることもわかっており、そのため一定の質量で惑星が構成された場合、太陽に近い惑星ほどその大きさが小さくなると言う状況になります。実際に太陽に近い水星や金星は小さく、地球よりも太陽の外側を回る惑星はその大きさが大きくなっていますが、物理的な質量はそれほど大きな違いがないのがポイントとなっています。

宇宙アプリケーション:気象学

宇宙アプリケーションは気象学においても重要で、今や誰もが天気予報でお世話になっています。天気予報は正確なデータと多角的な予測により導き出されるもので、近年はコンピュータの性能向上によって精度も上がっているといえます。また、日々の天気だけでなく温度や湿度の変化と、それによる将来的な気候変動の予測にも繋がります。気象学では、雲の動きを観測するために気象衛星が打ち上げられていました。

冥王星が再び惑星に昇格?

冥王星は2006年に惑星に関する基準が見直されたときに、その条件に合致しないとして格下げされました。しかし最近また、惑星に格上げしようとする動きも非常に強まっており、再び昇格する可能性も出てきています。

オールトの雲とは?

宇宙や天体のことを調べているときや、これらの話をしているときに、オールトの雲という言葉を見たり聞いたりしたことがある人は多いはずです。名前から雲の1種だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、実は仮説の領域のことを指しています。

宇宙と衛星通信について

衛星通信は、赤道上空に打ち上げられている静止軌道上にある衛星を利用した通信手段のことです。衛星に対してデータを送信した後に、地球に存在する受信局に対して一斉にデータを配信することで通信を行うことができる画期的なシステムのことです。このようなことができるのは、静止衛星上に人間の技術を利用するために必要な精密な機器をとどまらせているからに他なりません。

微小重力とは?

スペースシャトルや人工衛星といった宇宙機は、高度400kmの軌道を飛んでいます。宇宙に行けば無重力だと思っている人がいるでしょうが、その高度400kmというのはわずかですが重力があります。それにも関わらず地上にスペースシャトルや人工衛星が落ちてこないのは、前方に進む慣性(遠心力)と重力が打ち消し合っているからです。慣性だけが働いている状況であれば、宇宙機は、まっすぐに突き進んで地球から離れていきます。しかし、僅かな重力が地上に向かって引っ張るので実際の進行方向は斜め下に向けて飛びます。この動きを自由落下というのですが、地球というのは丸い星ですから自由落下を繰り返していると地表に沿って円を描くような軌道で飛ぶことになります。このため、宇宙機が地上に落ちることはありません。こうして重力の影響を無視できる状態が、微小重力環境と呼ばれます。