銀河はどのようにして誕生したのか?

最初の銀河はいつどうやって生まれたのかというのは、誰にもわかっている事ではありません。これは宇宙が誕生したのがいつなのか、というものと同じで現在を生きる人間にとっては確実にすることができないものです。しかし、長年の研究によって、ある程度の推測はできるようになっており、宇宙の誕生そのものは約138億年前に起きたビッグバンによって発生したと考えられています。

惑星間航行は将来可能なのか?

人類が宇宙で降り立ったことのある地球以外の天体は月のみですが、将来は惑星間航行も広く行われるようになると考えられています。惑星間航行を行うだけならば現在の技術でも可能であり、火星への有人飛行が実際に計画段階にあります。現在広く使用されている化学反応を利用したロケットでは、450日ほどで火星への往復航行を行うことができます。核分裂を利用したエンジンが実用化された場合には、150日から250日ほどで火星まで往復航行が可能になると予想されています。

宇宙のモンスター:ブラックホールについて

宇宙にあるブラックホールは、目に見ることができない天体です。星にはそれぞれ寿命があり、大きな恒星であっても燃え尽きると収縮すると考えられています。ブラックホールは、そのような星が燃え尽きて次第に収縮したときに誕生するとされています。このホールは密度が高く重力が強いために、1秒間に地球を7周するほど早さを持つ光ですらも放出することができません。もちろん目に見ることができないために、本当はどのような姿をしているかはっきりしたことは分かっていませんが、光はこのホールから出ることができないため真っ暗であり、周囲の光も重力で捻じ曲げられると考えられています。

歴史上最も有名なハレー彗星

ハレー彗星は、17世紀から18世紀に活躍したイギリスの天文学者であるエドモント・ハレーによってその存在が明らかになりました。エドモント・ハレーがこの彗星を歴史上初めて観測したのは1682年で、過去の記録を辿ったところ1531年や1607年に出現した彗星の軌道によく似た周期性であることに気付き、次に現れるのは1758年と予測しました。そして実際に観測されたのは1758年の12月25日であったため、発見者であるハレーの名前にちなみハレー彗星と呼ばれるようになりました。ハレー彗星の中心にある核の大きさは8x8x17キロメートルで細長い形状をしており、その主成分は氷、その他の成分として一酸化炭素・メタン・アンモニアなどが確認されており、表面は炭素で覆われています。

天の川銀河を見る

宇宙には数多くの星があり、その中のいくつかが集まった状態のことを銀河と呼びます。日本では七夕で良く知られる天の川もその銀河のひとつで、地球を含めた太陽系もその一部です。銀河は基本的に円盤状に広がった形をしていますが、天の川銀河を地球から見る場合は内側からの視点になります。そのため円盤の断面図を見るような形になり、帯状に見えるという仕組みです。つまり実際には星が川のように並んでいるわけではありません。

アンドロメダ銀河について

“宇宙は巨大で地球にいては推し量ることが難しくなっていて、それが宇宙探索という興味を強くしているのは間違いありません。人間は存在が確認されているのに自分の目で直接に見えないものにはロマンを感じる場合があり、それが地球のある天の川銀河に一番近いアンドロメダ銀河になっていると言えるでしょう。

皆既日食とはどのように起こるか?

“幻想的で神秘的な皆既日食を体験したいと考えている人は多いです。毎年のように起こる皆既日食ですが、観測地点を固定すると珍しい現象であることがわかります。皆既日食が起こるメカニズムはシンプルです。太陽系には9個の惑星がありますが、月は地球の周りをまわっています。

連星とは?

“連星とは、2つの恒星が重心の周りを軌道運動している天体になります。地球から遠くにあると1つに思われてしまうことも多く、後に2つだったというケースもあります。

国際宇宙ステーション

天文学とは天体と宇宙を研究する学問です。位置天文学や天体力学は昔からある伝統的なもので、20世紀になってから飛躍したのが天体物理学と宇宙物理学が飛躍的に研究が進んだ分野になります。天体物理学は天体の状態や進化などを研究する分野で、宇宙物理学は宇宙の構造や起源などを研究する分野になります。

月面着陸

人にとって馴染みの深い天体である月は、何人かがその上に立った土地でもあります。それを実現したのはアメリカのアポロ計画で、合わせて12人の男性が月面上を歩きました。その目的は当時苛烈だった宇宙開発でアメリカの優位性を示すためというのが有力で、もちろん宇宙開発そのものも含まれています。