宇宙に関する基礎知識 Archive

金星について

宇宙には無数の星がありますが、その性質によって恒星、惑星などと分類されています。我々が暮らす太陽系にもいくつかの惑星がありますが、金星は地球に一番近い星です。ローマ神話の時代より書物に登場する金星の概要紹介をしようと思います。太陽から見て2番めの内惑星で、その大き さは地球とあまりかわりませんが、太陽により近いことから公転周期は短く、約225日です。太陽系の星は核とマントルで構成されている地球型とガスでできている木星型に分類できますが、金星は地球型です。中学の理科で学ぶことですが、公転周期が地球の内側であることから明け方と夕方にだけ観測でき、明け方の金星を明けの明星、夕方の金星を宵の明星と呼びます。地球と同じように自転していますが、その速度はかなり遅く、243日で一回転していますので、金星の1日は約117日に相当します。大気のほとんどは二酸化炭素で、その温室効果により地表の気温は最高で460度にもなりますので、人類が住む環境としては適していません。大気の上層部にはスーパーローテーションと呼ばれる自転速度の60倍以上の風が吹いていて、風速は100メートル以上にもなります。その表面には地球の大陸のような平野を持つ高地が3ヶ所あり、それぞれイシュタル、アフロディーテ、ラダと名前がつけられています。大陸の他にもコロナと呼ばれる円形に盛り上がった地形や、ノバと呼ばれる放射状の盛り上がり、テセラと呼ばれる断層が入り組んだ地形がありますが、それらは火山活動によって形成されたと考えられています。金星は誕生から約46億年経過していると考えられますが、地表の大半はここ数億年の間に形成されたと見られ、活発な火山活動があったことを示す地形がいくつも見られます。金星を観測すると内惑星共通の性質により満ち欠けが見られますが、その神秘的な美しさは古来の人々の心も魅了したらしく、様々な神話で象徴的な名前が与えられています。そのせいもあってか地表の地形には、ローマ神話やギリシャ神話、バビロニア神話、インド神話、イヌイット神話などからとった名前がつけられています。大気の成分や気圧、気温は人類が住む環境としては適していませんが、重力が地球とほぼ同じことから宇宙移民先として金星があげられることもあります。現代の科学力ではまだまだ実現不可能ですが、数百年後には移民先として真っ先に利用されているかもしれません。

準惑星って何?

準惑星とは国際天文学連合が2006年の総会で、惑星を再定義し、新分類した際に誕生した用語です。準じるという言葉が頭についていることからも分かる通り、惑星に極めて近い性質を持っていますが、学問上では違うものとして扱われます。それでは具体的に準惑星とは一体どのようなものなのでしょうか?それについて知るには最初に惑星とは何なのかを学ぶ必要があります。

銀河はどのようにして誕生したのか?

最初の銀河はいつどうやって生まれたのかというのは、誰にもわかっている事ではありません。これは宇宙が誕生したのがいつなのか、というものと同じで現在を生きる人間にとっては確実にすることができないものです。しかし、長年の研究によって、ある程度の推測はできるようになっており、宇宙の誕生そのものは約138億年前に起きたビッグバンによって発生したと考えられています。

宇宙のモンスター:ブラックホールについて

宇宙にあるブラックホールは、目に見ることができない天体です。星にはそれぞれ寿命があり、大きな恒星であっても燃え尽きると収縮すると考えられています。ブラックホールは、そのような星が燃え尽きて次第に収縮したときに誕生するとされています。このホールは密度が高く重力が強いために、1秒間に地球を7周するほど早さを持つ光ですらも放出することができません。もちろん目に見ることができないために、本当はどのような姿をしているかはっきりしたことは分かっていませんが、光はこのホールから出ることができないため真っ暗であり、周囲の光も重力で捻じ曲げられると考えられています。

天の川銀河を見る

宇宙には数多くの星があり、その中のいくつかが集まった状態のことを銀河と呼びます。日本では七夕で良く知られる天の川もその銀河のひとつで、地球を含めた太陽系もその一部です。銀河は基本的に円盤状に広がった形をしていますが、天の川銀河を地球から見る場合は内側からの視点になります。そのため円盤の断面図を見るような形になり、帯状に見えるという仕組みです。つまり実際には星が川のように並んでいるわけではありません。

アンドロメダ銀河について

“宇宙は巨大で地球にいては推し量ることが難しくなっていて、それが宇宙探索という興味を強くしているのは間違いありません。人間は存在が確認されているのに自分の目で直接に見えないものにはロマンを感じる場合があり、それが地球のある天の川銀河に一番近いアンドロメダ銀河になっていると言えるでしょう。

連星とは?

“連星とは、2つの恒星が重心の周りを軌道運動している天体になります。地球から遠くにあると1つに思われてしまうことも多く、後に2つだったというケースもあります。

ソーラーシステムについての簡単なガイド

ソーラーシステムは天文学の世界でも有名ですが、最近は住宅のソーラーシステムが注目を集めています。毎日地球に降り注ぐ太陽エネルギーには大きなパワーがあります。人類が住む地球は、太陽から大きな恩恵を受けています。太陽エネルギーは、石油や石炭に代わる新しい自然エネルギーでもあります。

ブラックホール

今年史上初めてブラックホールを撮影することに成功した、というニュースが世間を騒がせました。世界中の約200人の科学者と8つの電波望遠鏡を使用することで成功したこの撮影は、文字通り世界中の力を結集して成し遂げられた偉業でした。しかしそれでもブラックホールは依然謎のままです。 光ですら逃げることができないブラックホール 2014年に公開された映画「インターステラー」では、このブラックホールが取り上げられましたが、この映画以前にも多くの映画でブラックホールは登場しています。しかしそのイメージは様々でした。理由はブラックホールは光すら吸い込んでしまうため、実際の形を見ることが不可能だからです。今回の撮影も、実はブラックホール「そのもの」ではなく、周辺の光が歪んで映し出されたものなのです。

太陽の次に近い恒星

恒星とは、自らが光輝く星のことです。もっとも有名なのはもちろんこの地球を照らす太陽です。しかしその次に地球から近い恒星が何かご存じでしょうか?その星は星座でいうと、ケンタウルス座の中に位置しています。 ケンタウルス座アルファ星 太陽に次ぐ、最も地球から近い恒星として有名なケンタウルス座のアルファ星は、厳密にいうと「恒星系」です。肉眼ではわからないですが、アルファ星は実は三重連星、三つの星から構成されています。太陽と同程度の質量のアルファ星Aとアルファ星Bは、互いの共通重心を公転しています。肉眼で見ると一つの星に見え、その明るさは全天で3番目の明るさになります。もう一つの星、プロキシマ・ケンタウリは、その二星の周りを公転しているとされ、実際にはこの星が太陽の次に近い恒星です。